活動報告

2018 / 04 / 01  07:30

ひろしさんの郷土愛

neputa2 059.jpg

メッセージをいただきました

 

**********

 

 櫻田宏さんのねぷた好きは筋金入りである。それがそのまま、弘前への郷土愛につながっている。

 弘前ねぷたは「喧嘩ねぷた」である。「夏の華」とも呼ばれた。確かに乱闘事件もあったが、喧嘩ねぷたは単なる乱暴狼藉とは違う。そこには作法があり、先頭に立つ「喧嘩師」という人物がいた。

「徹底的にやるということはなかった。逃げる者や倒れた者には手をつけない。サッと引く足も早かった。喧嘩の根底に〈引く〉という発想があったことが、ねぷた喧嘩をギリギリのところで〈祭り〉にしてきた決定的な要因だろう」

笹原茂朱氏は著書「ねぷた祭り」でそう推察している。卓見である。

さらに喧嘩師への世間的評価が高かったことも指摘している。

「一方の旗頭(喧嘩師)としてこれこれの実績があるとなれば、選挙に立候補しても、あれだばいがべぇ、かなりねぷたのときやってる」となるのだと、古老の話を紹介している。

 だから祭りは、血気盛んな壮士を束ねる、統率者としての喧嘩師の腕の見せ所であり、市民もその手際を楽しみにしていたと思える。大勢が見物し、さらに取り囲んで囃(はや)し立てもしたということは、「夏の華」に胸を熱くする城下町・弘前らしさを物語っている。

 宏さんの祖父、櫻田清(きよ)芽(め)もまたそのような喧嘩師であった。そして清芽は、先の古老の話し通り「あれだばいがべぇ」と、市議、県議を経て、第二十代弘前市長として戦後まもない弘前市を統率したのである。

 

さて、孫・櫻田宏さんのことである。

 平成三年、「りんご台風」が津軽を襲った。甚大な被害であった。出稼ぎを余儀なくされた農家は少なくない。ねぷた祭りの常連であった「小栗山ねぷた愛好会」も、台風の痛手により翌年の祭りに参加できなかった。

 そのとき、市役所の職員福利厚生会が立ち上がった。高さは最高七、五m、幅が最高七、六m、巨大組ねぷた『本能寺の変』を立ち上げたのである。上下の伸縮に加えて左右の開閉も自在という新技法。聳(そび)え、胸を張るその姿は大迫力で、台風被害から立ち上がろうとする一人一人を力づける勇姿であった。

 職員福利厚生会は、「台風被害でねぷたを出せなかった団体や小栗山の分まで頑張る!」と、年明け早々アイディアを出し合い仕事で疲れた体に鞭打って自力で作ってきたのだった。一本一本の針金を曲げ一枚一枚の紙を張り一つ一つの色付けをする細かな作業をいくつもいくつも積み上げて、かつて誰も見たことのないものを創り上げたのである。

友情と不屈の「夏の華」であった。

その中心にいたのが、若き市職員・櫻田宏さんであった。

『くらし』『いのち』『ひと』の三本柱は、 祖父・櫻田清芽から六十余年を経て噛みしめる、宏さんの弘前人への愛情表現である。明日の弘前のために、明日の子どもたちのために、いくつものことを積み上げて、必ずや愛情を形にしてくれるに違いない。

 

けっぱれ! ひろし!

 

(記) 山本 和之

 

**********

 

山本様、ありがとうございました!

 

 

 

2018 / 03 / 31  08:00

だから信じられる。

29830798_1611900448928340_674739201_o.jpg

メッセージをいただきました。

 

**********

役所の人には、うんざりしている。

やり口が見え見えなのだ。

 

彼は、きっすいの市役所の人だけれども、

組織ではなく、ましてやオレ様の手柄でもなく、

いつもいつもいっつも住民の側にいる。

だから信じられる。腹割れる。

 

彼という人は、行政の「良心」が服を着てると私は思っている。

弘前は、そんなトップがいるまちになればいい。

そんな弘前が、うらやましくてたまらない。

 

(記)ペンネーム 弁当売りの少女

**********

 

弁当売りの少女様、ありがとうございました!

 

2018 / 03 / 30  20:00

今、弘前の、救急医療があぶないのです

819682.jpg

中核病院が・・・という話がマスコミをにぎわせていますが、

これは「救急医療があぶない」につながります。

 

29746818_1242123249254735_753032106_o.jpg

 

29829779_1242123292588064_1305784516_o.jpg

2018 / 03 / 29  22:03

「政策」をアップしました

 

大変お待たせいたしました。

「政策」をアップしました。

 

http://39rada-h.com/free/seisaku

 

「市民生活を第一に」考えた三本の柱は・・・

1.市民の「くらし」を支えます

2.市民の「いのち」を大切にします

3.次の時代を託す「ひと」を育てます

 

政策は こちらから ご覧いただけます

http://39rada-h.com/free/seisaku

 

 

2018 / 03 / 28  08:00

ゆめをかたちに

56484e2248af7b302f6a29d91477687b_s.jpg

メッセージをいただきました。

 

=====

使命を果たすひと。

話をよく聞くひと。

どんなことも公平に臨むひと。

 

2011年の2月、仕事をきっかけにお付き合いが始まりました。弘前市と函館市の、いまに至る連携事業の出発点でもありました。

その日の夜の懇親会で彼が話したこと。「僕は飲み会の席でも、大事だと感じたことはメモをとるようにしているんです」。それ以来、自分もそう心がけてメモをとるようになりました。

 

冒頭の3つは、7年間のお付き合いで私が抱いた彼の印象です。

知り合った頃、彼は市役所の課長補佐さんでした。いくつかの人事異動を経て昇進され退職されましたが、どんな役職であっても、一人の仕事人、そして仕事人である前に、一人の弘前市民として、変わらない想いで周りの方々と接してこられたのではないかと感じます。

背広の人間が大勢集まるフォーラムでも、弘前をアピールする法被を欠かさず纏い、観客席で聴講している姿。場面場面で、自分が果たすべき役割をしっかり担っていらっしゃる姿に、自分もこうありたいと感じたものです。

 

彼は、強力なリーダーシップでグイグイ引っ張るタイプではないのかもしれず、まちづくりにそれを期待する方々には、物足りなさもあるかもしれませんが、関わった人たちの心に、種火を点す人、種を蒔く人であることは間違いないと思っています。「くらし」「いのち」「ひと」を大切にするまちづくり。時間はかかるかもしれません。経済対策ももちろん喫緊事項です。でもその経済活動の担い手は市民ひとりひとりです。経済活動や社会活動において「自分ならこれができる、こうしたい」と思える市民、「ゆめをかたちにしたい」と行動する市民を増やしていくことが、経済活動において付加価値を生み、社会活動において信頼を生み、街をよくしていくことに繋がります。

 

ひとりひとりの市民のココロに花を咲かせる種を蒔く、「まち育て」への挑戦、離れた街から応援しています。

 

函館市 H.N

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...